自分なりの計算の解き方・事業税

ここでは、「自分なりの計算の解き方・事業税」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
事業税の自分なりの解き方ですが・・・

外形標準の法人を前提としてですが、まず軽く全体を読んで、もう一回頭から読む感じで
した。このときに表形式の出題の場合は○と△のマークをつけていってました。

表形式じゃないときは、1○が報酬給与、2○が支払利子、2△が受取利子、3○が支払賃借料、3△が受取賃借料、ハは派遣料って感じで区分してました。

分割基準は従業者数は数字を書いて○、事務所の数は数字を書いて□って感じでやってました。
あとは問題の左の空白欄に分割基準の種類や、外形かどうか、軽減税率の有無、工場2分の1の有無、制限税率などを書いてました。

あと、解答用紙に書いていくときは分割基準は間違えると痛いので、
2回解く様な感じで確認してました。

分割課税標準額とか税率は
例えば
A県 60,000,000×12   =19,999,900
B県 60,000,000×12   =19,999,900
C県 60,000,000×12/36=19,999,900
↑斜め線を大きくして分母の数字は1回しか書いてませんし、切捨ての算式も書いてません。
たまに県も書いたり書かなかったりしてました。
で、検算は19+19+19=57 ← 60から大体-2か-3くらいでOK
もちろんこの60はとのここに転記する前の数字との確認をしています。
相続もそうですが、なるべる元の数字、転記前の数字との照合を心がけていました。

あとは所得割などの数字は、1回計算して書いた後、分割課税標準額の数字から
問題だけを見て計算して、検算してました。

こんな感じで数字重視で計算してました。
う~ん、こんな事を書いて何人分かるのか?って感じですが・・・

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
事業税の記事、ありがとうございます!!
分数の分母1回ってのはいいですね~
そこまで怖くてできなかったのですが、来年受けるときはチャレンジしてみようかな。

ところで、シードさんの電卓は大きい桁のとき、E表示が出たりしませんでしたか?
もちろん、答えが12桁を超えるとかではなく。
割り算とかで頻繁に陥っていたんですが。。
(0で割ったりしたわけではない)

基本的に切捨&小数点以下0桁設定です。
もしよければ教えてください。
電卓の変更も検討しないとかも。。
2008/09/01(月) 22:40 | URL | 蘭 #-[ 編集]
蘭さん、こんにちわ!

ちなみに、分数のところは()書きにはしています!

う~ん、E表示は桁数オーバー以外は出ないですよー
ちなみに、僕は電卓はシャープのEL-G35で、
小数点以下はF(フリー)で片落の設定にしていて、
あとはGTという欄にちょぼをあわせています。

常にこの設定で問題は解いていて、代えるとすれば、
相続税の定額郵便貯金の計算で小数点をゼロにするくらいです。

でも、割り算でE表示っていうのはかなり謎ですね。
故障なのか、電卓のせいなのか??
2008/09/02(火) 13:13 | URL | シード #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://zeirishinoshikaku.blog117.fc2.com/tb.php/91-597d21e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。