自分なりの計算の解き方・相続税法

ここでは、「自分なりの計算の解き方・相続税法」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分なりの計算の解き方・相続税法

↑こういう内容って忘れない内に書きたかったんですが、試験前は
余裕がなくて無理でした。
なので、一番覚えてる相続税の自分なりの解き方を書いておきます。

まず、するのは頭から読み出して、親族図のチェックと親族図関係の資料のチェックをして、
親族図に△とか養子の関係とか年齢とか書きます。

そのあと、問題を流し読みしながら(1ページ、2,3秒?)、見開きページの上に相続開始日を
記入します。(これが意外と役立ちます。)

そして流し読みしながら、最後の方の生前贈与とかは精算課税が絡んだりするから
そこそこ読んで、最後の方の資料もびっくりすることが書いてるときとかがあるから
チェックします。

その後、ぱらぱらと戻りながら、親族図に戻り相続人、法定相続人の数をチェック。
その後、総額欄の基礎控除は埋めてしまいます。

なんか、書いててしょうもないなとか思ってきましたが、最後までいってしまいます。


え~と、その後は、全ページの相続人に○をしたり、放棄者に△をしたり制限の場合はセと
書いたりと、全ての人のところに親族図から機械的にマークをつけます。


そしてここから問題を解くわけですが、基本的に、順番に解いていってます。
小宅がある宅地とかは、判定式はその都度、解答用紙に記入していってます。
欄がないときは適当にみつくろって。


それと検算の仕方ですが、宅地とかはまずスピード重視で解いて、
そのあと、問題だけを見ながら電卓をたたきます。
それであってれば、電卓間違いもないし、資料のチェック漏れもないはずです。
基本的にこういうやり方で、預貯金とか受益証券とかできるものはほぼ全て検算してると
思います。

取引相場のない株式は複雑なので、問題だけを見てなかなか電卓はたたけませんが、
なるべく問題を見ながら、検算します。

それと類似の計算は、まずB、C、Dの金額を出します。
それから算式を組んで、計算しますが、カッコ書きの2位未満切捨ての数字は
書いています。これらは検算もしやすいし、申告書にもこれらを書く欄がきっちり
あるので書いた方がいいとおもいます。
それと純資産価額は、複雑でなければ結構簡単に検算できます。


ちなみに、僕は財産評価問題集とか個別問題を解くときは、なるべく紙に算式を書かずに
答えだけを出してました。これのメリットは早く解けることです。

算式が完全に頭に入っていれば、書く時間はかなりもったいないと思います。
なので、総合問題も解き直しのときは計算過程をほとんど書かないというやり方で
答練の問題とかも40~60分くらいで終わらしていました。

それと全てを同じウエートで解くのではなく間違ったところから解くようにしています。
合っているところは忘れた頃に解けばいいかなと思います。


ちなみに生前贈与と贈与税額控除はセットでやってました。
集計のとこの名前の欄と、2割加算の対象者さえ埋めとけば、続けて解けるので。


かなり検算してるようですが、実際は大事なときしかしていません。
解きなおしのときときはあんましてなかったし。
本試験を想定して解くのなら、解きなおしのときもするべきなんでしょうけど。


また、近いうちに事業税編を書こうと思います。
事業税の場合、あんまり書くことがないんですが。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
シードさん、こんちわ♪

さすがっすねー。
問題だけ見て検算はなるほどでした。

おらは問題用紙に算式全部書いてて見直しどうしようかって状態のまま、そんな時間はないかって感じに本試験突入しちゃったので、考えつつも結論出してませんでした。。

まぁ今年は所得1本に絞ろうと思ってはいるんですけどねー。どうなることやら。

まぁ何にせよシードさんはおめでとうございますですねー。よかったよかったw

また遊びにきまっすね♪
2008/08/27(水) 10:05 | URL | おあ #-[ 編集]
はじめまして☆
同じく受験勉強をしている さくらと申します。

この9月~の選択科目として相続税or事業税を迷っていたところこちらのブログに会い関心しながら読ませていただきました。

ボリューム等から事業税を選択しようと思っているのですが、事業税の勉強方法についてアドバイスをいただけたら嬉しいです。
 受験者数の少なさ、少しのミスも許されず?、理論の割合が高いということは、何かプラスαが必要かも…と不安を感じてます。

ちなみに、今回は法人税と簿記論を受験(両方とも2回目です)、9月からは消費税と事業税を勉強しようと思ってます。

 では、『計算のとき方 事業税編』 楽しみにしています♪        
                                                      さくら☆
2008/08/27(水) 11:11 | URL | さくら #-[ 編集]
おあさん、こんばんわ!

所得もやれば国税全てですもんね。
働きながらの所得で一発合格してください!

でも、おあさんの場合、本試験の自己採点は厳しそうだから、
官報の可能性が大いにあるような気がします。

それにしても12月まで長いですよね。
2008/08/27(水) 22:44 | URL | シード #-[ 編集]
さくらさん、はじめまして!

ブログ読んでもらったようで、うれしいです。
消費税と事業税をやるんですね。
事業税ですが、今年は税率の体系が変わるようです。
なので、理論は講師と相談して変わらない部分は先行暗記していくのがいいと思います。

それと、本試験はボリュームが多いので、端折って書けるようにしようと、
どこか一番重要なのかを考えたり、理論の()書きのところとかは結構重要だなと
思ったので、意識しながら覚えていました。

それと、余裕があれば大手2校の理論の突合せをして、
ない部分は書けるようにしておいた方がいいと思いまし、
直前期の理論予告は無視するようにすれば力がつくと思います。

計算は、専門学校の問題は満点を高確率で取れるくらい
までやる必要があると思います。あとは実際の申告書を見るのも
知識の裏づけができて、自信を持てるような気がします。

参考になるかわかりませんが、大体こんな感じです!
2008/08/27(水) 23:36 | URL | シード #-[ 編集]
シードさん早速のご返信ありがとうございます。

☆方向性が見えて適格なアドバイス、意識しながら勉強を進めたいと思いました。
理論暗記は意識して覚えるのと覚えないのとは大きな違いですね。

とっても参考になりました!!

ブログ楽しみにしてます♪
2008/08/28(木) 11:24 | URL | さくら #-[ 編集]
参考になった様で良かったです!

今年は簿記、法人をやってたって事なので
消費税と事業税で最後なのかなと思いますが、
ラスト2科目がんばってくださいね!
2008/08/28(木) 23:48 | URL | シード #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://zeirishinoshikaku.blog117.fc2.com/tb.php/90-e6932671
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。