勉強と実務について(簿記論・財務諸表論)

ここでは、「勉強と実務について(簿記論・財務諸表論)」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
勉強と実務について。

簿記論・財務諸表論と実務がどう関わってくるか思い出しながら
考えようと思います。


簿記論・財務諸表論は、会計科目といわれるものですが、
基本的には会計があって、税法という流れがあるので、必要なものです。


簿記論・財務諸表論を受ける際のレベルにもよるとは思いますが、
(ここでいうレベルとは全くの初学者なのか簿記一級をもっているかとかいうことです)
まず、簿記論で大事なのはやっぱり簿記一巡の手続きだと思います。
この考えは実務にも役立つし、会計の基本になるものだと思います。


財務諸表論は、文字通り財務諸表の勉強なのですが、これも必要です。
やっぱりB/S・P/Lはどう考えても必要です。
そして順序などもある程度知っておく必要があると思います。

注記事項を細かく書いている事務所は少ないとは思いますが、
知っていて書かないのと、知らずに書かないのとでは、全然意味が違います


それに理論はやっぱり知っておくべきことです。
真実性の原則とかいろいろありましたが、やっぱり根底にそれらの
考えがあっての事なんで、理論的にしゃべれるように
財表の理論は知っておくべき理論だと思います。
(というか税法もそうですが)


やっぱりこの簿記論・財務諸表論は税理士試験の基本になってくるので、
必修で当然だと思うし、実務にも役立つ科目だと思います。
特に大企業の経理では、株主を意識する事から、会計中心になるので
特に必要となってきます。


クリックしてもらうと更新をする気が出ます!    
ランキングは何位?

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
実務家さんならではの記事は参考になります!
(経験がないので)

特に簿財なんて、実務には大して役立たないんじゃないかな~なんて漠然と思ってました。

財表は会社法施行前の勉強しかしてないから、少しやらないとかな。。

ところで、第21問 更正の請求 終わりました。。
去年に比べたらそれほど覚えにくくなかったかも。。
でも次の第22問が長いのでこれからやるのに気が重いです(汗

……なーんて自分の報告すみません。。
2007/11/17(土) 10:23 | URL | 蘭 #-[ 編集]
蘭さん、こんばんわ!

会社法、確かに色々変わりましたよね。
有限会社がなくなったり。

実は、僕も今日第21問 更正の請求やってました!
同じですね!
ちなみに、かなり時間かかりました。。。

明日は僕自身一番苦手な第22問です、二回目ですが、
一日やっても終わるかな?って感じがします。
お互いがんばりましょう!
2007/11/18(日) 00:01 | URL | シード #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://zeirishinoshikaku.blog117.fc2.com/tb.php/47-5010b085
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。