勉強と実務について

ここでは、「勉強と実務について」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
よく税理士試験は、他の国家試験と比べて、
実務と勉強がリンクしている事が多いといいますが、どうでしょうか?

私の今までの勉強科目は、簿・財・法・消・相・事です。
国税3法とか国税4法とかいう、法・所・消・相の内、所得税が入っていません。


実際、それがどう仕事に影響してるかを考えると、
正直、普通のルーチンワークというか、作業ベースで困るということはないです。


困る困らないというよりは、何かイレギュラーの事案などがあったときに、
所得税にこういうのはあるのか?という疑問があるときがあります。


相続は別として、法人・消費の場合は一通りやったという自信があるので、
これはないとか、これはあってるとかいうのが、根拠もあるし、自信もあります。
複式簿記だからということもあるんですが。


ただ、所得税は体系的に勉強してないので、今いちそこまでの自信がもてません。
譲渡所得はたくさん特例がありますし。
これは自分自身の課題だと思っているので、税理士試験終了後に勉強する予定です。

さっきのところで相続は別といいましたが、この意味は、
それこそ財産というのは無数にあって、細かいこともあたくさんあるので、
それが全て頭の中に入ってるかというと入ってないという意味です。

体系的には勉強しているのですが、
実務の財産評価は、勉強で習ってないところや、もっと奥まで知っていないと
できない事があります。
実務の相続の世界は、かなり奥が深いと感じています。


クリックしてもらうと更新をする気が出ます!    
ランキングは何位?


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんばんは。Ryozyです。

自分は実務経験が全くないので全然わからないのですが、
将来のことを考えると、実務経験っているわけで、それを考えると、会計事務所の方がいいんでしょうか?

それとも、いきなり税理士法人などのコンサルティング業務っていう道もアリなんでしょうか。
2007/11/14(水) 20:28 | URL | Ryozy #-[ 編集]
Ryozyさん、こんばんわ!

実務経験の事ですが、それは資格取得前でも資格勉強中でも、
試験取得後でも全く問題はないと思います。
僕は二科目取得後、勉強ができる環境を前提に、
税理士事務所に行きました。
ただ、資格取得後の場合はいやがる先生がいる場合もあるとは思います。

それと、いきなり税理士法人などのコンサルティング業務っていう道も
全然ありだと思っています。
僕も最初、就職を探すときに、大きいところか小さいところかで迷いました。

大きいところは大は小を兼ねるといいますし。
ただ、大きいところはやっぱり専門特化していくのだと思います。
僕は個人的に全体を分かりたいというのがあったんで、
結果的に小さい事務所にしました。

ただ、無理な事ですが、今は大きい事務所にレンタル移籍とかで
半年とか一年くらいだけ行きたいなとか思います。

だから、僕の意見としてはどっちもいい点があるのかなって感じがします。
2007/11/14(水) 21:58 | URL | シード #-[ 編集]
今思いましたが、税理士法人などのコンサルティング業務の道
っていうのは税理士登録しないって事ですか?
2007/11/14(水) 22:02 | URL | シード #-[ 編集]
税理士法みても、抽象的にしか書かれてないので、どんな実務経験で資格がとれるか分からないんです。

最終的にはコンサルしたいので、そういう道に進むのは決めているのですが。。。
転職を2回して、実務を積んでからコンサルかなぁと思ったり。

あとは、最初は実務。
経験を積んでからコンサルっていう会社もあるでしょうから、結構限られちゃいますよね・・・
2007/11/17(土) 08:47 | URL | Ryozy #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://zeirishinoshikaku.blog117.fc2.com/tb.php/46-8d363ec4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。