平成19年本試験 相続税法

ここでは、「平成19年本試験 相続税法」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
平成19年本試験、いわゆる前の8月の試験ですが・・・

まず、試験が始まる前、解答用紙を隅々までチェックしてたんですが、
その段階で、計算はオードソックスな問題だろうと分かったんで、


計算はもらった!と思いました。

そして、理論の方は、解答用紙と、問題の透かし読みでは、内容までは
分からなかったんですが、難しそうな感じはしました。

ただ、計算はいけると思ってたんで、理論の問題を熟読して、
柱上げさえできれば合格できると思いました。

そして、試験は始まったんですが・・・
まず理論の第一問を見ました。

問題をまず一回流し読みしました。
うん? なんか難しい??
二回目、三回目と読みましたが、やっぱり難しい!
でも、難しいとはいいながらも、合格する人は

何個か柱は上げてくる

とは思ったんで、10分は熟考しました。

それでも、答えは見えず、やばいやばいと思いながら、
浮かんだ頼りない柱をメモ書きし、第二問に行きました。

第二問は、少しややこしかったんですが、
内容は分かる問題だったんで、関係図だけを書いて、
計算に行くことにしました。


そして、計算の方は、親族図が少し特殊だった点以外は、
オードソックスな問題で、かなりできました。

となると、やっぱり、問題は理論で、また理論に戻ってきました。
もう一度考えてもやっぱり分からない!

でも、白紙だけは避けないといけないんで、
思いつく理論を書きまくりました。

そして、第二問もあまり時間がなくなっていたんですが、
とりあえず書きました。

そして、試験が終わったんですが、印象は、

問1が全く駄目だったんで、無理だろうなって感じでした。


そして、解答速報を見ましたが、やっぱり、問1は全然駄目で、
問2も、満足な結果ではなく、間違ってるところがありました。

計算だけは良くできていて、44点あったんですが、
理論が悪すぎるのでボーダーに届いていません


と、こういう結果なんで、自分の感覚としては、
合格可能性、2%くらいです。

(注)上記において
  この2%は根拠はなく、奇跡を考慮しています(笑)


↓クリックしてもらうと更新をする気が出ます!    
ランキングは何位?



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://zeirishinoshikaku.blog117.fc2.com/tb.php/38-97dcc6d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。