4科目取得後、相続税・事業税を受験して6科目合格を目指したが、事業税のみ合格で税理士試験終了しました。
税理士試験終了  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FP2級に申し込みました。
FP協会の学科と資産設計提案業務です。
金財の個人資産相談業務と迷ったんですが、FP協会の方が
問題数が多いんで、そっちにしときました。

FP試験は、FP協会と金財とで学科は一緒、実技が少し違うんですが、
他にもAFP,CFPなどもあって試験制度を理解するのに時間がかかりました。
もうちょっとシンプルにできないんでしょうか?

申し込みはインターネットで申し込めるので楽でした。
勉強するのに1級の本しかないので2級の本もいるなと思い、
解説がかなり付いてる問題集を買いました。見開き1ページで1問みたいな感じです。

でも、やっぱり1級と2級とでは、かなり差があると思います。
2級なら電車の中でも、あってるあってないは別として
10問くらいはすいすい進めるのですが、1級は1~2問解くと
眠たくなってきます。


それと2級の本を探してる中で、本屋で色々見てたんですが、
FPを二つ目の資格として取る人は税理士が一番多いみたいな
事を書いていました。


その税理士試験の発表が一ヶ月を切りました。
だんだん、気になってきました。
多分、8月終わりから9月とか、10月末あたりが一番気にならない
時期だったんだと思います。

落ちる事はなるべく考えないようにしています。
考えると、かなりブルーな気持ちになってくるんで・・・
落ちたら、FP2級を受験する気力があるかどうかは、かなり謎です。



FPの資格だけで独立している人は少ないみたいですが、
実際やっている人は、どういう仕事をしていっているんでしょう?
FPの勉強をしていると、かなり興味がでてきました。


スポンサーサイト
税理士試験の科目ごとの戦績ですが・・・
詳しくはこちら

簿記論・・・・・・1勝0敗
財務諸表論・・1勝1敗
法人税法・・・・1勝1敗
消費税法・・・・1勝1敗

ここまでは今思えば、なかなか優秀!?
でも、、、、








相続税法・・・・0勝6敗

トータル、4勝9敗です。
う~ん、やっぱりこう見ると、相続税法でやられまくっています。
でも、苦手とは思いたくない。というか思わないようにしています。
こんなけ落ちてても、勉強期間が一番長いので知識の蓄積は一番深いと思います。


でも、相続税法は実務も難しい。。。
というか、申告書以外のことが難しい。
申告するのは当たり前で、それ以外の部分が一番大事だと思います。

もめないように話をすすめたり、もめごとを作らないようにしたり、
関連することは片付けてしまう。他にも、相続登記が済んだかどうか
などの確認。相続は時点だけでなく、前後がかなり大事だと思います。

それも、生まれてからの経歴なども。
他にも相続に関連するいろんな問題を全て解決して、
初めて税理士としてのいい仕事なんだと思います。

そういった申告以外のところで、どれだけできるかが
税理士の差かなと、最近よく思います。


話はそれましたが、今年の2科目で延べ科目数は15科目です。
過程はどうであれ、5科目そろえることが大事です。
今年でそろえば万々歳です。
なんとか合格しててください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。