FC2ブログ

相続税

ここでは、「相続税」 に関する記事を紹介しています。
税理士試験終了  

今年の理論サブノートですが、先日一通り眼を通しました。

配置、様式が変わってる他に、国営事業用宅地がなくなっていて、
趣旨は全てなくなっていました。

今、考えてるのはやっぱり新しい形式で覚えていくか、
古いままで覚えとくかどうしようかなと思っています。

学校の試験は範囲なしで受ければいいと思っているんで問題はなく、
一番、どうかなと思うのが、柱上げがしやすいかどうかです。

今年の分は、見た感じ、柱上げはしやすそうに思います。

ただ、僕も去年までの理サブの使用方法として、
回す順番を重視して、柱上げができるように対策はしていました。

かぶってる理論を除いたら全55題前後くらいなんですが、
例えば、納税義務者だったら1・2・13・35・57とか
ゆう感じでブロックを10個以上作って、その順番で、
少し意識しながら回していました。

この区分は、応用理論テキストから作りました。
この場合、例えば問13だったら、課税価格っていうグループにもかぶるわけですが、
その場合は、その区分の表に赤で問13も書いておいて、見たときに
課税価格にも入るっていうことを意識だけするようにしていました。

例 課税価格 1・2・11・13・14・15・16・・・・・・

みたいな感じで。

こういう覚え方をやっているんで、今年の理サブについては
題を見て、柱上げできたら充分な気もするのです。

ただ、番号が飛び飛びなんで、消去法がしにくいんですよね。
思い切って、オリジナル番号をつけよかなと思ったり。

それともうひとつ怖いのは、ないと思うし、ほぼ書けるとは思うんですが、
新しい理サブのべた書き問題。
ないとは思いますが・・・


悩むところですが、
今年は初めて理論マスターを買ったんで、
それを読んでからまた考える事にします。

ちなみに去年は理論ドクターは買って、
新規は覚えてませんが内容はある程度やっていました。

ランキングは何位?
以前購入した相続税の条文ですが、

なんと無事、読み始めました!
というのも今まで、精読しようと思っていたのが悪かったみたいで、
通読することにしました。

今のところは、条文の見出しというか題をみていって、気になるところだけ
ちょっと読むっていう感じです。

そもそも、暗記は理サブでやってるんで、あんまり精読は
必要ないんじゃないかなと思いました。
そこで、おとといくらいに、

理論対策=応用理論の柱上げ=条文の通読

という算式が浮かんだので、実践してみるとかなり快適です。
というのもページはどんどん進むし、なんとなく横のつながり
感じれるような気がするし、理サブの項目を見ることで、
なんとなくの安心感?はあります。

簿記2級の本に書いてあったこととつながってしまいました。
やっぱりいい本だったんだなと思います。
簿記2級の本に書いてあったこと

毎日5~10分くらい読んでいこうと思っています。

ランキングは何位?
相続税法の計算についてですが、
これは年内は総合問題の解き直しくらいでいいかな
と思っています。

本試験後、今日で解くのは二回目ですが、しょうもない
間違いはかなり増えている気がします。
ただ、年内は相続の計算はこれくらいのペースでやろうと思っています。

今まででもそうなんですが、計算は合格ラインを超えていて、
理論が駄目っていう感じなんで、計算については今回の本試験レベル
くらいにもっていけば問題ないのかなと思っています。

ちなみに今回の本試験の自己採点は計算は44点、理論は・・・
でした。今回の本試験については計算は満点の人が1%くらいはいてるんじゃ
ないかなと思います。僕も間違えたところは、株の評価のところで、
自分の字の汚さからの数字の転記ミスの一箇所だけかなと思っています。
(理論の出来が悪すぎるので、適当な自己採点ですが)

ただ、今回は計算は大原有利、理論はTAC有利だったのかなと思っている
ので、僕の本当の計算の実力はもうちょい下のはずです。

最近は計算得意、理論苦手っていう意識があるんで、本当は
もう一科目は事業税じゃなくて、酒税法をとりたかったんですけどね。

ランキングは何位?
相続税の勉強ですが、課題の理論の勉強ですが、
今現在、どういう勉強をしていくかはまだ定まっていません。

今やっていることは、毎日5題くらいを回すことと、
理論テキストの読み込みをやっていっています。
読み込みといっても、まだ20ページくらいしかすすんでませんが。

最低限、やらないといけないなと思っていることは、
今現在は、基本的に大原ベースだけで理論暗記してるので、
TACだけにある理論暗記は必要だなと思っています。

これ以外に何をするかですが、応用理テキの勉強や理論ドクターの勉強も
今後していくんですが、それだけだとあんまり今までと変わらないような気がします。

そうなるとやっぱり、法規集で体系的に理解することが必要なのかなとも思います。
体系的に勉強するメリットは、法の順番が分かることでつながりも深くなるのかなと
思います。
去年に気付いたところでは、理サブから気付いた分ですが、
理サブ問49[1]と[2]が措置法上で続いているということ。

今頃、何言ってんの?って感じですが、これは僕にとっては意外でした。
措置法70の非課税と申告手続きの理論だから、別なのかなと思ってました。

というようなことが、条文で勉強すればどんどん出てくるのかなと思ってます。

でも・・・
法規集の様な元となる法の勉強は財表、法人、消費、相続で試みましたが、
ことごとく挫折してきました。
見たことある人は分かると思いますが、あの読みにくさは普通ではありません。

僕は、3ページくらいで大体挫折してたと思います。


それをやっていくのか、それともあくまで専門学校の教材を熟読して、
理解を深めるようにするのか、

それか、講師になった気分で、自分に理論問題を出すような勉強をするか?
↑難しそう・・・

やっぱり相続税は結果が出ていない分、悩んでしまいますね~
皆さんの勉強方法を教えてください!

ランキングは何位?