科目選択について

ここでは、「科目選択について」 に関する記事を紹介しています。
税理士試験終了  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オークションで落とした事業税について、
まず、なぜ上級なのか?ということですが・・・

それは、上級しかなかったからです!
それと、一般とそんなに変わらないというようなことを
書いていたからです。

実際問題、上級をいきなりやっていけるのかということですが、
これもわかりません!
多分なんとかなるかなとは思ってます。

早速、一回目の講義は聴いたんですが、実務でやっているのもあって、
概要としは入りやすかったんですが、
授業としては上級生を対象なんで、かなりハイペースです。

でも、一回目の講義は復習すれは分かりそうな内容でした。
(二回目は予定のところに演習ってなってましたけど・・・)

ただ、専門学校漬けになっている自分にとってはこうゆう
自分なりにやっていく勉強の仕方もなかなかいいかも
とか思っています。
とゆうかそう思わないとできません。

僕のプランとしては、年内に事業税の音声を二回転くらいはして
理論は全理論暗記しようと思っています。
そのくらいじゃないと僕には二科目は無理だと思うし、
年明けの負担が厳しすぎるので。

事業税の感触ですが、本試験は計算はワンミスくらいならオッケー?
理論はここ数年、応用理論や事例問題になってきてはいるけど、
書く箇所が分からないくらい難しい問題じゃなくて
その分、量が多く、どこまで書けばいいのか、量的なバランスや網羅的
に書くことが求められている試験のように、
今のところは感じています。
 
あと、相続ですが、年内は理論を一日に5題位まわして、
計算は総合問題を1,2週間に1題くらい解こうと思っています。
今のところ、理論は本試験後4,5日休憩した後、今日で二周目に入ったところで
計算はまだ全然やっていません。
あとは、応用理論対策ですが、これは模索中です。
今年の本試験の様な問題にも対応できる
何かいい案があれば誰か教えてください!!

人気blogランキングへ
スポンサーサイト
今回、相続税の本試験が絶望的となってしまって、
来年に受ける科目を選ぶのに、めちゃくちゃ悩んで、
初めて受講相談もしに行ったし、電話相談もしました。

というのも、相続税をやめることはないんで、勉強するのは
決まってたんですが、もう一科目しようかなと思ったからです。
これには色々な理由があるんですが、

所長に2つ受けたほうがいいんちゃうかと言われたこともあるし、
今回リンクさせてもらったたつさんのたつハウス ☆ 30代 おっさん税理士受験生の日記 ☆
初年度の財表と初年度の所得税を働きながら、手応えありのところまで
もっていったというのを見て、働きながら2科目も可能なのかな
と思ったからです。

といってもたつさんがやっていた所得税はボリュームが多すぎて無理なんで、
ミニ税法の内、どれかにしようと考えたところ、事業税か固定資産税の
どちらかに絞りました。(計算の多い酒税がやりたかったんですが・・・)

固定資産税は身近な税金なんで、勉強したいなというのもあったんですが、
理論が覚えにくいというのと、ボリューム的には事業税の方が少ないし、
法人と相乗効果があるということなので事業税にしました。
あと、その時点で資料が手に入るのが事業税だけだったんで。

二科目受けると決めたわけですが、普通に一般クラスだと僕には
一月以降が負担が多くなって無理だなと思いました。

かといって上級直結もないんで、去年の資料を手に入れようということで、
オークションで事業税の上級(上級?)の音声付を落としました。 
長いので次に書きます。

人気blogランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。