相続税・事業税

ここでは、「相続税・事業税」 に関する記事を紹介しています。
税理士試験終了  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
国税庁出題のポイントがでましたね。

やっぱり、相続税・・・駄目っぽい。
      事業税・・・いけてそう

って感じです。
でも、前からですが事業税は期待できるので、もう自分の中では税理士試験は
終わったような気分になっています。
正直、もう一度受験するのを考える事はおそろしい。
あんな一年間は色々な状況からも、もう無理です。

それと近況ですが、けっこうだらだらしてます。
いつか見ようと思っていたプリズンブレイクをハイペースで見まくっています。


やっている事といえば、思い出したかの様にFP1級の問題集を電車で見るのと、
家の事で結構考えることがたくさんあるので、いろいろな人に会ったり
調べたりしてるのは今後も役に立ちそう。
あとは、色々な税理士事務所のホームページを見てみたりとかは
してますが、自分の事務所を作ると考えると、こうするっていうはっきりしたものまでは
浮かんできてないんで、適当にみてるくらいです。

FPは駄目駄目です。電車で見ても一瞬で眠くなるし・・・
ライフプランニングとか金融資産運用とかめちゃむずいです。
1級は確実に無理なので、多分2級を受けると思います。
スポンサーサイト
今更ですが、全統の結果です。
前に報告しますみたいな事を書いてた気がするので。

相続税 計算39 理論26 上位39%くらい
↑理論で撃沈しました

事業税 点数確認はしませんが 上位49%くらい
↑計算で撃沈しました。

だったはずです。
一応、報告です。
全答練返却されました。

意外に、順位は良かったです。

相続税 僕の点数    理論38   計算34   合計72   上位 7、84%
         平均    理論22、5 計算28、1 合計50、6

事業税 僕の点数    理論37   計算32   合計69   上位 15、35%
         平均    理論23、4 計算29   合計52、4


どちらもそうですが、理論がいいのは全答練は範囲指定が
ないからかな?と思いました。

相続税の方は、理論は更正の請求の柱が挙がったのが大きかったようです。
正直、解答を見たときは、やってしまったっていう感じだったんで、
意外に順位がいいのは不思議な感じです。
計算はもっととれた問題だったんで、もったいないですね~

事業税は、実力的にはもうちょい下かなって気はしてるんですが、
意外にそこそこの順位だったって感じです。
理論の平均が23、4っていうのは更正関係の理論をまだ
覚えてない人が多かったのかな?って気がします。


あと一ヶ月ちょっとですが、相続は理論の理解重視、
事業税は全体的なレベルアップをしていこうと思っています。



ちなみに全統は撃沈しました。
事業税は上位50%の位置でした。
相続は返却はまだですが、撃沈はしています。


先週受けたTACの全答練ですが、

まず相続税・・・

還付の理論だったんですが、相続税の還付は、還付を受けるための申告
だけ
っていう変な記憶があって、それにしては30点は多いなと思いながら、
第二問へ。これは事例っぽい感じですが、よく読めば内容は
確実に答えないといけないなっという感じで、ほぼ出来てるはずです。

次に計算ですが、親族図で嫡出子の取り扱いにかなり悩みましたが、
結果は正解。
でも、門の評価を間違えました。
あれって固定資産税は別に課税されてるんですかね?
変に勘ぐって、改正のところだなとは思いながら
家屋に含まれてるとしてしまいました。

あとは、宅地の評価のまちがいや、
生命保険の保険料負担でもまちがえました。
それと同族株の評価も。


そして最後に理論1に戻りましたが、なんかおかしいなと思いながら
書いてると、10~15分くらい前に
えっ、更正の請求!?!
それだと他にもあるのか?と
思いながらも考えてる時間はなく、書きなぐりました。

勢いあまって、更正の請求の特則に関連する更正までも。。。
物納は書けなかった。
超過物納は無理としても、過誤納額は挙げたかったです。


次に事業税ですが、
計算は資本割でやられました。
最初、千億超の調整だなと思ってましたが、
半年決算の会社で6/12したら千億切ったんで、
調整いらん、ラッキーとか思ってました。

千億ですよね。ラッキーってあほです。
他はいけてたような感じでした。

理論はボリュームがすごい。
いくら理論の配点多いといっても、相続の理論の解答のボリュームの4倍以上はありますよ。
多分まともに書いたら20枚くらい、いくんじゃないでしょうか?
模範解答プラス80分くらいで書ける範囲の模範解答も示して欲しいです。


1問目の事務所等は、途中からはしょってやめました。
2問目の更正関係は、定着できていないとこだったんですが、
最重要なとこだけはなんとか書いてますが、他の細かい項目をほとんど書けてないんで駄目です。
3問目は個人の問題でしたが、端折りながらもそれなりに書いた感じです。
制限税率1.1と書いたところで終わりました。


こんな感じで全答練は終わり、事業の全統も終了しました。
事業の全統は後日に報告します。


あとは、相続の全統です。
久々の大原のテストなんで楽しみです。
やっぱり、今はTACの問題に慣れてるのかな?
でも、相続の基本は大原ベースです。


あっ、それと教えて欲しいんですが、全答練の答案用紙が本試験の時の
用紙に近いんですよね?
今年から万年筆使ってるんですが、あの用紙ではにじみまくりで
全然駄目でした。
あの用紙に万年筆で書くと、にじみません?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。